当院の感染予防対策
当院の感染予防対策
診療案内

All-on-4(オールオン4)

全て歯を失った方、ほとんど歯がない方向けのインプラント

All-on-4(オールオン4)イメージ
総入れ歯が合わずお困りの方、歯がなくてもしっかり噛みたい方へ

オールオン4は、歯が全くない方、もしくはほとんど残っていない方、総入れ歯が合わずにお困りの方におすすめしたい、画期的なインプラント治療法です。オールオン4は多くのインプラントを埋め込まなくても、少ない本数のインプラントで全体的に見た目や噛む機能を回復することが可能です。

少ない本数で済むので、お身体への負担、経済的な負担を抑えつつ、快適な固定式の歯が手に入ります。

骨が少なくても可能なオールオン4

All-on-4(オールオン4)イメージ

オールオン4は、全て歯を失った顎の骨に最少本数4本のインプラントを埋め、連結した人工歯を固定する治療法です。歯を失った後に顎の骨がかなり痩せてしまい、通常のインプラントでは難しいと診断された方でも、オールオン4なら骨が比較的ある部分を選んでインプラントを埋め込むことができるので、インプラント治療ができる可能性があります。

歯を全て失ってしまわれた方、ほとんど残っていない方は、総入れ歯の選択肢しかないと思われていることが多いですが、オールオン4というインプラント治療法で固定式の歯を入れるという選択肢もあります。

オールオン4の特徴

(1)治療したその日に歯が入る!

パスタを食べる女性

オールオン4は、インプラントを埋め込んだその日に固定式の仮歯を入れることが可能です。オールオン4では、長めのインプラントを骨のしっかりした部分に埋め込むことで安定した固定が得られるので、仮歯を入れたその日に食事をしていただくことも可能となります。

(2)お身体への負担が少ない!

手術の様子

オールオン4では、埋め込み本数が通常のインプラントよりもかなり少なくて済むので、手術によるお身体の負担が最小限で、治療時間も短くてすみます。

(3)治療費の負担を抑えられる!

電卓を持つ笑顔の女性

埋め込むインプラントが少なくて済むオールオン4では、治療費も低く抑えることができ、経済的な負担を軽くすることができます。

(4)骨が少ない方でもできる!

All-on-4(オールオン4)イメージ

オールオン4は、従来のインプラント治療とは違う特殊な技法によるインプラント治療法です。具体的には、骨が比較的残っている場所を選んで長めのインプラントを斜めに埋め込むことによって、しっかりとした固定が得られます。それゆえ、これまで骨が少なくてインプラントができなかった方、骨の移植が必要と言われた方でも、骨の移植をせずにインプラントをすることが可能です。

オールオン4と総入れ歯の違い

オールオン4は、総入れ歯と比較して、次のような違いがあります。
 オールオン4総入れ歯
● 噛む効率固定されているのでなんでもしっかりと噛める入れ歯が安定していないと噛みにくいことがある
● 温度・味の感じやすさ歯茎が覆われないので、感覚を感じやすい歯茎が広く覆われるので、温度や味を多少感じにくいことがある
● 違和感ほとんどない慣れないうちは感じやすい
● 外れやすさ固定式なので外れない吸着が悪いと動いたり外れたりすることがある
● 発音しやすさ発音しやすい慣れるまでは発音しにくい
●お手入れのしやすさ外さなくて良いので楽その都度外して洗う必要があるが、その分清潔は保ちやすい
● あごの骨の痩せやすさ噛む刺激が骨に直接伝わるので、骨は痩せにくい骨は徐々に吸収し、痩せてしまう傾向がある
● 吐き気の起こりやすさ起こりにくい歯茎を広く覆うので慣れないうちは吐き気を感じる方もいる
オールオン4、総入れ歯ともに、歯を全て失った際に行われる治療法ですが、どちらが優れているということはありません。オールオン4にはオールオン4の良さ、総入れ歯には総入れ歯の良さがあります。どちらが合っているかというのは、患者様のご要望、患者様が治療に適応できるかどうか、手術が可能かどうか、ご予算などによっても違ってきます。
治療法を選んでいただく際には、いずれの治療法に関しても詳しくご説明させていただき、患者様のご意向を最優先に、患者様にとってベストな治療法を進めさせていただきます。疑問に思われる点などございましたら、お気軽にご相談ください。

オールオン4治療の流れ

手術に先立って、カウンセリングや各種精密検査を行い、治療計画を立案します。その後患者様の同意が得られたら、次のステップで治療を進めていきます。

(1)インプラントの埋め込み

インプラントの埋め込み手術を行います。

(2)仮歯の装着

休憩していただいた後、止血が確認されたら仮の人工歯を装着します。

(3)結合期間

埋め込んだインプラントと顎の骨がしっかりと結合するまで、1ヶ月~6ヶ月ほど安静期間をおきます。

(4)最終的な人工歯の装着

骨とインプラントがしっかりと結合したら、最終的な人工歯を取り付けます。

(5)メンテナンス

定期的にメンテナンスを行い、長く良い状態で保てるようにしていきます。
アクセス
お問い合わせ
よくあるご質問